町田友の会活動エリアと最寄紹介


町田友の会最寄分布図

各最寄の紹介

(今年度初めたばかりですので、準備ができたところから順次紹介させていただきます。)

1.中町最寄

現在7名のメンバーで活動中。絶賛子育て中のママたちから人生の大先輩までのメンバーがバランスよく集まっています。最寄り会は月2回、木曜日の10時から12時まで。町田市民フォーラムにて開催しています。若いメンバーの家事家計のお悩み事を中心に互いに勉強しています。

 

今年のテーマは「置き場所の決まった家」、サブテーマは「仕事を決まった時間という棚に置く」です。

何かと時間に追われてしまう日々、あの時スマホを眺めなければ○○が出来たのに!!と思うこともしばしば。日々の家事も、この時間にするぞ、と基本時刻を決めてしまえば生活がうまく回るかも?ということで実験中です!

そして今日も家族の真ん中にママの笑顔と家計簿を♪がんばるぞ(*´▽`*)

(写真はコロナ前のものですが、調理実習で作った揚げ餃子や季節の持ち寄りおかずです)

 


2.まちだ最寄

 80代4人、70代3人、60代1人の8人の仲間です。

会員歴は25年~50年以上が7人で、子育て時代からいろいろ学びあっています。会員数に変化はなく、家計簿記帳、食費調べに励む和気あいあいの最寄です。

 

作ること、食べることが大好きで、ママレード、くるみ饅頭、コーンフレークボールはまちだ最寄の特産品でセールに出品しています。

昨年から最寄勉強としてSDGsに関して各自が頑張ることを追加しました。4R運動の1つ、Reuseとして、古着を持ち寄り布草履を作りました。素足で快適な履き心地です。


3.小山田最寄

会員5名(50代1名 70代4名)

読書は「選集最も自然な生活」を通読、読書の時間を大切にしています。

生活勉強は食を柱に、5030プロジェクトに向けて、「焼き小籠包」の実習を頑張っています。

毎月の食費調べの提出もここ数年全員が提出しています。

4.玉川学園最寄

60~90代の7人です。
最寄駅は玉川学園前駅です。
昨年度から2つの最寄が統合し、にぎやかになりました。
もより勉強では、会員のお宅で収穫した甘夏みかんでオレンジピールを作ったり、今年度は「すっきりとした家」を目指し、
各自テーマを決めて励んでいます。

 


5.南最寄

8名(70代5名、60代1名、50代1名、40代1名)

町田市の南部に住むメンバーで構成されています。

特徴は「即!行動するもより♡」

 

活動日は第2第4土曜日、9:30~12:00

場所は芹が谷公園内の「ひだまり荘」です。

お仕事を持つ方でも参加しやすい日程です!!

 

今年度のテーマは「心楽しく暮らす一年」

衣食住と家計の勉強を頑張ってます!

 

定期的に美味しいモノづくりをしています♡

 


6.奈良北最寄

40~90才代までの徒歩圏内(青葉区奈良町・町田市成瀬台)に住んでいる6名、家族は2人から5人までと幅広いです。

 

生活に欠かせない『衣、食、住、家計をより良く」と皆で刺激し合いながら楽しく励んでいます。

 

今年は毎月『旬の野菜』(青菜など)を決めて、作った料理をLINEにアップ、盛り付けや副菜の取り合わせを参考にし合っています。


7.金井最寄
50~80代7名の最寄りで、
最寄り駅は鶴川駅です。
食費調べやCO2排出量調べを最寄りで共有して見直したり、乾物のレパートリーを増やすことを目標にしています。
テーマを決めて持ち寄りランチや実習もしています。

8.つる川最寄

最寄人数は9人です。

最寄駅は小田急線「鶴川駅」

活動日は第2と第4の木曜日 

 10:00~13:00

今年は時間の使い方をワイワイと話し合っています。

婦人之友からの調理実習もします。

 

「シュテンゲル」婦人之友から

 軽食です。以前の託児食でも人気でした。

「お茶殻入り鶏つくね」講習会レシピから

 食品ロスを減らしてSDGsを考えること、

 他にもCO2を減らす工夫も話題にしています。

       &

「水菜とせん切りじゃが芋のサラダ」婦人之友から


9.若葉台最寄

 若葉台最寄は、東京都と神奈川県とが入り組む地域の7名(90代70代60代)による最寄会です。

若葉台駅前のアイプラザを拠点にして最寄会を開いています。

今年の生活勉強のテーマは「おやつ」。実習しつつ勉強しています。
 1回目の実習は、軽食にもなる「スコーン」。オーブンを使って焼くのは初心者の会員が実習しましたが、手軽にできました。
 2回目はスコーンにつける「ジャム」。電子レンジで季節の果物(その時はプラム)を調理しての「ジャム」づくり。
プラム2個でジャムも簡単に美味しくできました。これからは旬の果物を素材にジャムがつくれます。
 最寄会では、衣食住 環境の事、家計簿の勉強など、いろんな話をし、気がついたことを学び合っています。

 誰でもお互いが、生活上手になれることをめざして、楽しくあたたかいまじわりをしております。



10.王禅寺最寄

 メンバーは子育て中の40代〜90代までの7人で、月2回木曜日10:00〜12:00まで友の家で活動しています。

 

 今年の最寄勉強テーマは「魚メニューを増やす」「掃除の仕方や取り組み方」「雑誌・婦人之友の活用」です。

 魚のメニューのレパートリーを増やしたい会員のためにみんなで旬の魚メニューをそれぞれ調理して紹介しあっています。時々、友の家で実習をしたり、持ち寄って試食会などもします。

 掃除は、自宅を「そこそこキレイに、清潔に」を保つ掃除の仕方、使う道具のアドバイスを友の家で実習しています。

 また、子育ての悩み、家族の健康のこと、周りの人をSDGs活動にまきこむ方法、CO2削減の工夫や取り組みなど様々な関心事を話し合い、家庭や社会がいっそうよくなることを目指して楽しく活動しています。 


11.平尾最寄

 平尾最寄は新百合丘北側を中心に、40歳代から80歳代の6人の集まりです。
昨年に引き続き、季節に応じた家事を「家事暦」に沿って実践中。
野菜も身近なものは育ててみようとお互いに種や苗を分け合っています。
今回は”夏の野菜で小さなおかず“を持ち寄ってみました。
育て方、買い方、食べ方を通して食品ロス、SDGsの事も考えながら生活を楽しんでいます。

 


12.生田最寄

 子育て世代から70代までの3人で活動しています。

最寄り駅は小田急線 読売ランド前駅・生田駅~ 京王線 京王稲田堤駅です。

 最寄りでは、日々の生活を「一歩前進」できるように活動しています。

調理実習では、パン作りや作り置きできるおかずを楽しく学んでいます。シフォンケーキやスコーンなども作りました。

食事記録や家計の予算立てなども学びます。

家庭でできるSDGsでは、手作りの肥料を使った野菜作りもしました。

 

生活のアドバイスをいただきながら、前向きな気持ちになれる会です。

 


13.百合ヶ丘最寄

 百合ヶ丘最寄は30代から80代までの8人が集まって活動をしています。パート等の仕事をしている会員もいますが、月2回木曜日に友の家で集まっています。

 

 著作集の読書をして、感想を聞きあいつつ、子育て、家計簿、食事づくりや生活時間等、各家庭の話題が広がります。

 

 世代を越えた交わりでそれぞれ刺激を受けながら学びあっています。今年度は、「忙しい時に役に立つ食事作りの工夫」を生活勉強テーマにしています。

 

 友の家のキッチンで実習も行い、先輩会員の手元をみて若い会員は目からうろこの手技を学び、出来たものをみんなで美味しく味わいながら食べて楽しむこともしています。

 


14.宿河原最寄

 町田友の会では一番東に位置する最寄です。メンバーは6人で、80代2人、70代1人、50代2人、40代1人です。50代のお一人は、ご夫婦で学生寮の管理をしておられるので、集まりにはなかなかいらっしゃれず、最寄会は5人で集まることが多いです。

 70代以上の会員3人は、いずれも45年以上の会員歴。50代の1人が30年、40代は12年、そ
して50代の1人が2年前に加わり、若いお二人が最寄に元気をくれています。
 最寄会は基本的には、会員のお家を順番に、ということにしていますが、高齢になるとご主人も在宅になるため、近くの集会所を借りることもでてきました。
   内容は、来て楽しい最寄会にということで、月2回のうちの1回は、お菓子を作ったり婦人之友のお料理を作ったりと実習をしています。また昨年から家事ごよみを使って、今の時期にやるべき家事から、選んで取り組もうとしています。
 またもう何年も取り生んでいるのが、”家の片づけ”。やらなければ、との思いは強いのですが、しっかり進んでいる人と、なかなか進まない人がいて、皆で声を掛けつつ頑張っています。
 今年は会員の1人がお得意のレモンケーキを皆で習って、何とかレモンケーキは宿河原、といわれるように上手になりたいと思ってます。
 家計簿は、80代の2人は、結婚以来しっかりつけ続けていて、記帳の仕方や工夫などを聞きながら、新しい会員も頑張っています。


15.土曜もより

 「土曜もより」は、現在40~70代の計6名が在籍しています。仕事をしている人も複数在籍しており、月1回、土曜日に友の家に集まって、家計や衣、食、住の生活勉強を楽しんでいます。

 

今年の生活勉強は、「私も魔法使いになれるかな?」です。「食」をテーマに、婦人之友社出版の書籍「魔法使いの台所」をテキストにしています。仕事を持ちながらも「食」の考え方を確かなものにしたいと、目安を理解し、忙しくても外食・お惣菜に頼らない調理の土台作りをします。月に一回のもより会には、有志のメンバが、婦人之友に掲載されているメニューを作ってきてくださり、もより会のあとでいただいています。