きちんと暮らす たのしく暮らす



家事家計講習会のお知らせ

 暑かった夏も終わり、色々な楽しみや学びができる秋を迎えました。

10月25日から11月半ばまで、家事家計講習会が各地で開催されます。

来年こそは家計簿をつけよう! 予算を立ててみよう!と思われる方、また家庭の中をすっきりとさせたい方、家族の健康を願って食事つくりを頑張りたい方も、ご希望の会場を選んでご参加ください。

日程や内容など詳細は、「今後の催し」のページをご覧ください。

 


町田友の会へのお問い合わせは

友の会の活動、イベント、家計簿のつけ方などについて知りたい方、参加なさりたい方はお気軽にお尋ねください。→お問い合わせフォーム


町田友の会では、子どもたちが生き生きと生活できるように”そしてお母さんが楽しく子育てできるように”応援しています。

つぼみ」(乳幼児と母の集まり)、「子育て講座」、「生活学校」(小学生の集まり)、や「友の会ママの座談会」などの集まりがありますので、参加してみませんか。

つぼみの集まり

「つぼみ」の集まり

 年間6回の金曜日を予定しています。

 

次回の集まりは、10月19日(金)10時~12時30分

会場:友の家 詳細は今後の催しのページをご覧の上、お申し込みください。

   ・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンロード
「こどもをよく見て育てる」
子どもの発達の表.pdf
PDFファイル 355.9 KB

生活学校は、年間4回の土曜日を予定しています。

次回、第3回の生活学校は12月1日です。詳細は今後の催しのページをご覧の上、お申し込みください。

    ・・・・・・・・・・・・

子育てページの

我が家のU6ひろば」も

お読みください。

 “シニア世代が生き生きと暮らせるように”

シニアライフを豊かに

暮らしにうるおいを

Tさんが庭に咲いた花や植物を空き瓶や手持ちの花瓶に生けて窓辺に飾りました。 


ゆりの木グループ(町田友の会の壮年・高年の会員の集まり)では、昨年度、「前向きに生きるために」をテーマにして、健康を保つための習慣、経済のこと、もしもの準備(エンディングノートその他)など、項目を絞って毎回話し合いを持ちました。皆、人生のサードステージになっても前向きに生きようと願って、今年度も活動を続けています。


 家計簿は生活の羅針盤

       予算生活で夢と安心を!

家計のページ参考に

ライフプランで先の見通しを立て、

1年の予定を考えながら予算を立てましょう

定年後の生活に向けては経済的な見通しを立てて、安心して暮らすためにセカンドステージの

ライフプランも立ててみましょう。

健康に暮らすために食費を大切に。

婦人之友社の家計簿(花柄カバー)
婦人之友社の家計簿(花柄カバー)

各地で毎年の秋に開催される家事家計講習会では、ライフプランや予算のたて方、家計簿のつけ方、食費予算等、色々なアプローチで皆様の家計管理をサポートします。開催日程や会場が決まり次第、今後の催しのページに掲載しますので、予算を立てて暮らす第一歩としてぜひ参加ください。


皆様は、お買い物をする時に現金で支払いますか。カードを使いますか。カードを使うと、品物はすぐに手に入るけれど、引き落とされるのが翌月、翌々月のこともあり、家計簿にどうつけていいか迷うことはありませんか? 家計グループでは、そのようなことにもアドバイスいたします。その他、家計についての質問、なんでも受け付けます。

ご質問は問い合わせフォームにどうぞ。

食事は家族との大事な絆

健康に暮らすには何をどれだけ食べたらいいかを知り、生活のヒント「食のいろいろなレシピを活用して、楽しい食卓を!

今年も5月に買い物調べを行いました。昨年度は買い物調べの結果、青魚があまり摂れていないことがわかり、イワシをもっと気軽く食べましょう!ということで、包丁研ぎとイワシのおろし方の実習が9月の生活勉強会で行われました。10月の最寄会でさっそくイワシをおろしてパン粉焼きをつくる実習をしたもよりもありましたよ。今年はどのような勉強につながるでしょうか。


炊き込み鮭寿司
炊き込み鮭寿司

小さいお子さん向けには、手軽に作れる

 炊き込み鮭寿司もどうぞ。

このお寿司を最寄会で実習したときの様子、その他最寄でいろいろ実習している様子を町田友の会のブログでご覧いただけます。


洗濯や手入れでいつも気持ちよく!
衣服の持ち数を減らして管理上手に!手作りも楽しみましょう。
生活のヒント「衣に知恵と工夫がいっぱい。

7月17日(火)と31日(火)に、若い方向きのスモックエプロンを縫う会を行い、延べ25名が参加、スモックエプロンを仕上げました。当日の様子は町田友の会ブログをご覧ください。

整理と掃除で家をすっきりと、目的に沿った収納と持ち数でシンプルな生活を。生活に予定を立てる事で時間を有効に!生活のヒント「住・環境に知恵と工夫がいっぱい。

会員のTさんは年に何回か若い会員のために自宅をオープンハウスとして開放しています。Tさんは、何もない部屋というのではなく、思い出のある食器も丁寧に扱うことでいつも現役。掃除は、そこそこきれいにをモットーに二次汚染を防ぐ環境にやさしい掃除を心がけているそうで、半乾き雑巾が大活躍。次のオープンハウのを企画を楽しみにしています。


パウンドケーキ、パン、エプロンなど、会員の手作りの品、新品の雑貨など、地域の方たちに喜ばれています。今後の催し

友愛セール

 1学期は、友の家で6月22日(金)に開催し、たくさんのお客様においでいただくことができました。ありがとうございました。

また、町田地域では、7月6~7日開催のまちだくらしフェアの中で、出店し、たくさんの方にご利用いただくことができました。2学期の予定は今後の催しのページをご覧ください。

老人ホームや養護施設などに必要とするものを手作りしてボランティア活動をしています。

又東日本大震災後、全国友の会や東北の友の会と協力して、震災支援活動を続けています。

公共の日 7月26日(木)

夏休みの半日、有志37名が集まり、使い済切手などの整理、清拭布の作成、ミシンを使っての足ふきマットの製作などに汗を流しました。使い済切手、新品切手などは、JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)に、清拭布約875枚と足ふきマット16枚、雑巾61枚は、必要とされる3つの施設に送りました。

ボランティア活動の様子については「友の会とは」→社会へ向けての活動→ボランティア活動の様子

をご覧ください。