みんなのCO₂排出量

町田友の会では環境を守るために家庭から出るCO₂を削減する取り組みをしています

家庭でできるSDGsの一つとして、電気、ガス、灯油、水道の使用によって排出されるCO₂を毎月計算して、提出して、町田友の会のみんなが出しているCO₂を算出してグラフ化し、前月との変化や前年から削減できているかなどを確かめたり、削減のための工夫などを聞き合って、少しずつCO₂を減らすことにとりくんでいます。


 

4月例会 報告から 

私たちが調べた2月分CO2排出量は、一世帯平均352kgでおそらく1年間のピークでしょう。

 

 

 

<みんなのCO₂排出量>の3年間のグラフの推移では、青が今年です。みんなの気づきや努力で少しずつ減少しています。

上手な水の使い方では、

お風呂の残り湯は、洗濯や掃除に使うことや災害用に一部取っておくこともできますね。

ドラム式洗濯機はメリットもありますが、それに買替えたら残り湯を使えなかったと気がついた人も!

 

地球温暖化の影響で、産業革命前に比べて2030年までに気温の上昇を1.5度に抑えないと、1つには、農地が減り作物も減るので、当然食糧も不足して飢餓や病気になりやすい状況になってしまいます。

 

私たちは消費者(生活者)として、使う責任を考えていきたいですね。

2030年度において、温室効果ガス46%削減(2013年度比)を目指すために


SDGsとは「持続可能な開発目標」。

簡単に言うと「世界中にある環境問題・差別・貧困・人権問題といった課題を、世界のみんなで2030年までに解決していこう」という計画・目標のことです。 ※「持続可能な」という部分は、「人間の活動が自然環境に悪影響を与えず、その活動を維持できることを意味しています。

 2015年のパリ協定で、日本は、2013年と比べて2030年にCO₂の 26%削減を目標としました。

更に、2021年度には地球温暖化対策計画が閣議決定されました。

 地球温暖化対策計画は、地球温暖化対策推進法に基づく政府の総合計画で、

2016年5月13日に閣議決定した前回の計画を5年ぶりに改定しました。

 

 日本は、2021年4月に、2030年度において、温室効果ガス46%削減(2013年度比)を目指すこと、

さらに50%の高みに向けて挑戦を続けることを表明しました。

に家庭では、増加傾向にあるので、66%減を目指すことも閣議決定されました。

 

 そこで、町田友の会では

まず2013年の会員の各家庭からの電気、ガス、灯油、水道からのCO₂排出量を調べ、

2022年は毎月、CO₂排出量を提出しました。

上の表が2013年と比較した2022年の1年間の世帯平均のグラフです。

平均78名のデータで、2013年は268kg2022年は262kgです。

この数字は、12月分CO₂とほぼ同じ排出量になりました。

そして、12月分のCO₂排出量の平均は、わずかとはいえ10kg減少しました。

寒くなり、洗面所で電気ストーブを使う人もいます。

暖房設備はどのように使っていますか。着るものや窓付近の工夫など聞いています。

こちらでわかっている2人家族の人を見たところ、200kg前後の人が一番多くて

一番少ない人は80kg、また100kg前半の人が11名でした。

 

今後も引き続きCO2排出量調べをしていきます。