窓ガラスをきれいにー少しの手間で!


窓の汚れって?

内側・・・ほこり

外側・・・砂・花粉・排気ガスに雨水がかかってついた汚れ

→ほとんど水で落とすことができます。

掃除に必要な道具

窓ガラス掃除 1
・ポリはたき
・洗車ブラシ(網戸は亀の子タワシでも)
・スクィージー  ・歯ブラシ  ・雑巾
・バケツ

日頃の掃除方法

①月に一度、内側と外側を※半乾きの雑巾で拭く

※雑巾を半分くらい濡らして固く絞り、折りたたんで全体が少し濡れた状態の雑巾

②ガラスを拭き終わったら水で濡らした雑巾で網戸を拭く

③サッシの周りや溝も雑巾で拭く

※リビングにはたきをかける時は、窓ガラス・網戸もついでにかけるとよい。

 月に一度程度でも、案外効果があります。

日頃の掃除だけではすっきりしない汚れに

 汚れを2か月以上ためてしまった時や、季節によっては雑巾拭きだけではすっきりしない時があります。

 例えば、黄砂がひどくなる頃、梅雨の後、台風が来たあと等。そんな時にはもうひと手間かけて・・・

①内側

1)ポリはたきをかける。

2)半乾き雑巾で拭く(手垢も大体落ちる)

3)乾いた雑巾(あるいはマイクロファイバーの雑巾)で残った水分をふき取る。

②外側

1)ホースで水を流しながら、洗車用のブラシを

使って網戸とガラスの汚れを流してしまう。

ホースの水が使えないところはバケツに水をくみ、汚れを落とす。

2)始めに乾いた雑巾で網戸を拭く。同じ雑巾でサッシのまわりの水滴を拭いてしまう。

3)スクイージーを使ってガラスの水分を取る。

仕上げに毛羽立たない雑巾(マイクロファイバーなど)で残った水分をふき取る。

③サッシの溝にたまった水をふき取るついでに、歯ブラシを使ってサッシの溝の掃除をする。

 

窓ガラス掃除 2

②ー1

窓ガラス掃除 3

②ー3

窓ガラス掃除 4


☆掃除の数日後、汚れが気になり、『せっかく掃除したのに』とがっかりすることがあります。

その時に「もう一度拭く」2~3分の手間で《きれい》を保つことができます。

(婦人之友 2015年3月号にも掲載されました。)